これらを頭に入れて就活に挑んでみよう

全ての企業をチェックする

これはもはやスーパーゼネコン関係だけでなく、就活全てに言えることかもしれませんが、まずは受けたい企業だけでなくスーパーゼネコン五社全部をチェックしてみるようにしましょう。

なにか受けたい会社が出来たらその会社だけ受けるのではなく、同業他社もチェックしたり面接などでコンタクトを取ってみるのは、ある意味就活では常識とも言える行動です。

その行動がこれからの就活にどのように役立っていくのかと言いますと、その会社の特徴を知っているので志望動機を答えやすくなったり、場数が増えますので緊張することも少なくなっていきます。
また、各社それぞれの強みや長所を頭に入れておくのはこれから先の転職活動にもきっと役に立つことでしょう。

インターンシップをやってみよう

これらも就活では当たり前に行われていることかもしれませんが、思い切ってOBやOG訪問をしてみるのもいいでしょう。

と言いますのも、OBやOGのような経験者に質問したり意見を聞いたりするのは貴重な経験ですし、まさにかつて働いた方だから知っている裏側なども知れていい勉強になるのではと思われます。

他にも、もしインターンシップがあったら積極的に参加するようにしてみましょう。
実際に社員の方々が働いている現場を見るというのは就活のときにしか出来ませんし、現場の空気を吸ってみるのもこの先役に立ちますのでやってみる価値は十分にあります。

これらのように、その企業に実際に触れてみてから本当に働いてみるかどうかというのを考えていくのもいい手段とされています。


この記事をシェアする